緑内障は病院で治そう~手遅れにならないうちに~

Female

おすすめの視力矯正方法

先生

さまざまな視力矯正方法の中でもレーシックはメリットが多いので人気となっています。大阪でレーシックを受ける眼科を選ぶ際には、口コミを参考にしたり通いやすさを重視した上で、眼科の検索サイトを使って探すようにすると便利です。

Read More...

生活に支障を及ぼすことも

自然

自覚症状が出にくい

緑内障は目の病気ではなく脳の病気です。目から入ってきた情報を伝達する神経に障害が生じ視野が狭くなってしまう病気です。治療が遅れると失明してしまうこともある怖い病気なのです。症状は少しずつ見える範囲が狭くなってきます。進行自体はゆっくりなので自覚症状が感じにくいのが特徴です。両目がいっぺんに起こることも少ないためますます自分ではわかりにくいのです。緑内障は高齢者に起こりがちな病気です。一度障害を受けた神経は元に戻すことはできません。したがって緑内障を完治させることはできないのです。しかし、これ以上視野が狭くならないように眼圧を下げる方法が治療法となります。眼圧を下げるには、目薬を点眼します。これによって病気の進行を抑える効果があるのです。

一度狭くなったら戻せない

一度狭くなった視野を元に戻すことはできないため、自覚症状が出たらすぐに眼科に行くことをおすすめします。もちろん点眼が治療のすべてではありません。視野の欠損が進行し続けてしまうような場合には、外科的治療を施すこともあります。レーザー療法や手術によって繊維柱体の一部を取り除くものもあります。しかし緑内障を完治させることはできません。視野も進行を止めることはできても戻すことはできません。自覚症状が出てからでは確実に視野が狭くなります。そのため自覚症状が出る前に定期検診を受けるなどして未然に緑内障の影響を防止することが必要です。視野が狭くなると日常生活に支障が出ます。自動車の運転や道路の歩行など見えないことに苦しむことになってしまいます。

視力回復は夢じゃない

女性

画期的な視力矯正方法であるレーシックは、いまやスポーツ選手等のプロフェッショナルにも利用される、信頼性の高い治療となっています。東京のような都心部だけでなく札幌でも施術は受けられるので、昔に比べて普及率はかなり向上しています。

Read More...

視力矯正手術の一つ

女性

名古屋市周辺でレーシック手術を検討しているのであれば、信頼することが出来るクリニックを探すということはもちろんのこと、時期や方法なども含めて総合的に考える必要があります。治療前には多くの情報を集めたり、医師に相談することで不安を軽減させることが出来るでしょう。

Read More...